これまで貧困層向けのコロナウィルス給付金の受け取りで銀行に長蛇の列ができ感染拡大の一因になってしまった事から、新たな600ソレス(1万7500円ほど)の給付金受け取りに携帯電話を使って事前にコードを取得する方法がとられています。”銀行には行かないで!”というキャンペーンなのですが、その方法がちょっと複雑。その方法とは、 1.まずウェブサイトで自分が今回の給付金に該当するかを確認 2.携帯電話会社を選択して携帯電話番号を登録(番号の名義が受給者本人の必要有り) 3.4日後に携帯電話に4桁のコードが届きます 4.指定の番号をダイヤルして4桁のコードを入力すると、国立銀行から今度は5桁のコードが届きます 5.その5桁の番号を持って銀行のATMか町中の銀行提携の商店などで引き出し これくらい手続きがあると、特に高齢者は”わからないから窓口に行って聞いてくる”ってなってしまうんですが。。