運輸委員会が進める政府が資本参加する航空会社設立案に対し、ペルー航空会社協会は民間企業が既に参入している分野への国の参加は憲法上認められない点、民間のサービスが消費者の求める質を満たしていなかったり、供給不足といった事実も実証されていない点を指摘し、有意義な案では無いとして反対の立場をとっています。