ペルー教育相は、主に農村部の1万7千を超える学校に4月19日以降条件付きで対面授業を認めると発言しました。ペルーの学校の約16%にあたり、ほぼ全てが公立校となっています。オンライン授業を行うことが難しい場所の生徒達は昨年ほぼ1年授業を受けていない事も多く、まだ感染第2波が続いていますが例外を認める判断となったようです。