外務・通商観光・運輸通信の3大臣が、現在は最長8時間まで許可されているペルーとの国際線フライトの上限を14時間まで伸ばし、ヨーロッパとペルーとの間の国際線フライトも早期再開させたい意向と発言しました。