当初甚大な被害の出たペルー北東部の都市イキトスですが、7月下旬の調査で住民の71%が抗体を持っていると発表され、その後新規感染者・死者の増加が抑えられてきています。調査結果を信じられない人も多いのですが、集団免疫を獲得しつつあるとする専門家もいるようです。