ペルー文化省が遺跡での衛生プロトコルを発表しました。入場時の検温(38度以上は入場不可)、靴底の消毒、手の消毒、マスクの着用が義務付けられます。見学は1グループ最大8名まで、入り口と出口を分けて人と人がすれ違うことの無いように一方通行の見学方式となるようです。


Entradas Recientes

Ver todo

今までマチュピチュへの列車乗車時に必須とされていたフェイスシールドの着用が必要ではなくなります。また、乗車前の問診票も必要なしとなります。(2重マスクもしくはKN95マスク1枚の着用は引き続き義務付けられています)