7月15日よりペルーでは首都リマと他都市を結ぶ国内線フライトが一部再開いたしました。

しかしながらその後一部州にて感染の再拡大が確認された為、8月4日よりクスコやプーノ(フリアカ)といった都市へのフライトは8月31日まで運休となっています。

現在運行されている路線は、リマートゥンベス、リマーイキトス、リマートルヒーヨ等となっています。


国際線フライトは人道的理由による帰国支援を除いては国境が閉鎖されており運行されておりません。

Entradas Recientes

Ver todo

今までマチュピチュへの列車乗車時に必須とされていたフェイスシールドの着用が必要ではなくなります。また、乗車前の問診票も必要なしとなります。(2重マスクもしくはKN95マスク1枚の着用は引き続き義務付けられています)