2019年10月以降運行を停止しているペルービアン航空ですが、活動を続けるための財政的基盤が無いと判断され民間航空局から商業運行許可の取り消しを言い渡されました。 一時はクスコからラパスへの国際線フライトも運行していましたが、再建は厳しいようです。