ペルーの郵便局に、ほぼ1年待っている小包に関する問い合わせに行ったところ、案の定小包に関しては解決しませんでしたが、店内の記念切手の広告に見慣れたお顔を発見しました。ローマ法王、スポーツ大会のキャラクター、ウルトラセブン、鉄腕アトム、猫?、といったバラエティーに飛んだ面々の中に中南米で活躍された実業家で、リマの天野博物館創設者の天野芳太郎さんが。彼の生誕120年を記念して2018年に記念切手が発行されました。海外で切手になるとは、さすがです。