1月15日以降、感染や医療体制の状況等から州ごとに4つのレベルに区別して感染対策を実施することがペルー政府より発表されました。現状ではもっとも厳しい感染対策となる第4レベルにあたる州はありません。リマ市と国際空港のあるカヤオ市は第2レベルとなっています。

Entradas Recientes

Ver todo

今までマチュピチュへの列車乗車時に必須とされていたフェイスシールドの着用が必要ではなくなります。また、乗車前の問診票も必要なしとなります。(2重マスクもしくはKN95マスク1枚の着用は引き続き義務付けられています)